永久脱毛とは

永久脱毛とは、定義上は脱毛を行ってから1か月後の毛の再生率が20%以内であることとされているため、毛の再生が起きる状態でも使われる言葉です。

実際に得られる効果は脱毛の方法によって違いがあります。
現在は主流ではありませんが、昔から行われていた電気針を使用する脱毛では、毛穴に針を入れて電流を流し、直接毛母細胞を破壊できます。

非常に効果が高く、1回で毛が再生しなくなることが長年の歴史で実証されています。


しかし、痛みが強い、1本ずつ処理するので時間がかかる、施術者の技術も必要になるため費用が高いなどのデメリットもあり、全身を永久脱毛するために利用するには適していません。

現在はエステの光脱毛や医療機関のレーザー脱毛が主流の方法になっています。

この2つはメラニン色素に吸収される光を照射して毛根に熱を持たせ、これによって毛母細胞を破壊する方式であり、1度の照射で複数の毛を処理できるため、短時間で施術を行え、全身脱毛にも利用しやすくなっています。

さらに身近になった大阪のレーザー脱毛の初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

毛母細胞を確実に破壊できないため、1回だけでは毛が再生してしまう場合もありますが、レーザー脱毛であれば5、6回施術することで永久脱毛に近い状態になります。
光脱毛では効果が落ち、2、3倍の回数は必要です。



なお、この2つは長期的なデータがないため、永久的に効果が続くのか分かっていません。

施術タイミングや光の出力による影響も受けるため、脱毛完了から数年で再生が始まることもあります。
しかし、毛が細くなり、本数も減るなどの効果は得られます。